© 2011-2017 (C) by FUTURES PLACE. All rights reserved.

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

Workshop of output-oriented

 

7/26(土)のUX Tokyoはとてもエキサイティングな場になりました。

私は17:00〜18:00の間に登壇させていただきました。
ワークショップに参加してくださった方々、ありがとうございました!

さて、あらためて僕が推奨しているワークショップのカタチは、「アウトプット重視のワークショップ」であると感じました。

今回の登壇のオファーをいただいた時に、実はもう一つの内容のワークショップを考えていました。それはUX Tokyoのワークショップに参加した人が、「当事者になる」経験を持ち帰ってもらうというものでした。

具体的には、いいませんが何人かとチームで話し合いをもった時に

「ハードルが高いね〜」とのことでした。

確かに、そうかもということで別案を考えたのが今回のワークショップの内容です。


「HX-prototype」の特徴
 は、すべてが実践の場であるということ。

 実際に、今回のワークショップの内容の詰めは、当日のクルマの中でブレストして、六本木ヒルズのスターバックスで決まりました。

この時点でどのような結果になるかはわかりません。

それでも僕の心の奥底には、かならずいい結果になると確信がありました。

今までのHX Prototype Workshopもそうだったなぁと。毎回が違うシチュエーションでお店も違えば、そのバックボーンも違う。

毎回が、驚きの連続でつづいていました。

そういう緊張感と現実のリアルな場でのアイデアチャレンジは、多くの人に刺激を与えてきたし、その人へ大きな成長を促してきました。

 

HX-Prototype-Workshopの目的
の一つは、UXデザイナの目を手に入れることです。その目とマインドは、いずれ社会へ貢献につながる目となると信じています。

 

2,300,000→12,000,000

この10年で日本の人口は、1億2800万人〜一億2000万人に減ります。

 

僕の中にひとつの目標があって、天才的なデザイナーもしくは、仕掛けることのできるデザイナーを現在の1.8%→10%まで引き上げたいという思いがあります。

それには、何よりも実践する場が必要なのです。

 

これでも世界人口の71億人がターゲットとすると少ない人数です。これからUXデザイナの役割は、多岐に広がると思われます。ファシリテーターの役割もそう、今回25分という短い間にアイデアをまとめるためには、お互いのコミュニケーション能力をフルに使わないといけなかったと思います。

はじめて会った人たち。

「誰かのために」(今回はUX Tokyo)


知恵を絞り、経験(あなたのアイデンティティ)をつかい、大きな目的のために行動する。

その時に、チームの中にあって自身がどの「立ち位置」にいるのかを実感するのかもしれません。

これを繰り返していくと、未来を「想像」できるようになります。「想像できる」ことは、現実化できます。

そして、一人でできなくても、チームであれば実現できることがあるでしょう。
 

そんな可能性を当日参加してくださったみなさんは、
具体的に示してくれました。やっぱり、グループジーニアスは存在することを確信しました。

次回のUX Tokyoへの自分がどのように発信していくか、
当事者意識になることで「仕掛けるデザイナ」と変化していくでしょう。

「アウトプットのない学びは鼻くそやでー」

「アウトプット重視のワークショプ」が

HX/UX Prototypeワークショップなのかもしれません。

 

 

これからもアウトプットすることを前提でワークショップを企画したり、UX調査をしてほしいと願うペルちゃんでした。

最後にプチ告知、

UX Nikkoを8・2(土)に世界遺産に向かう道中にフィールド調査をします。

ターゲットは、「外国からの観光客」。

インタヴューアーは「子どもたち」
LEAN UXの手法も織り交ぜながら、世界遺産に向かう外国の方々のインサイトを調査します。

調査したインサイトからアイデアを創り、再度現場でテストを行ないます。そこから生まれた失敗と成功をUXの経験値として次のステップに行ってみようと思う。

いづれ世界遺産を持っている地域に紹介することで、
新しいデザインを提供することができたらいいなぁと思います。

 

限定30名としますので参加してみたい方は、下記からどうぞ。


【UX Nikkoお申し込み先】

https://www.facebook.com/events/252884741588060/

 

 

 

【告知ページ】

http://www.futuresplace.net/#!ux-nikko2014/c1cod