• Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

We Do

Creative Work. 

わたしたちはの活動の一部をお見せします。
興味をもっていただけたらうれしいです。
グループジーニアス
グループジーニアス

わたしたちには、グループジーニアスを信じています。お互いが自分の最高のアイデアを提供しながら、最高の集合知グループジーニアスが降りてきますように。

press to zoom
プロトタイプ発表
プロトタイプ発表

那須塩原市にある「とりせん」というスーパーを観察して、それぞれがアイデアと有用性を組み合わせたプロダクトを考えました。

press to zoom
大地を感じています。
大地を感じています。

僕らは、地球に抱かれている。

press to zoom
グループジーニアス
グループジーニアス

わたしたちには、グループジーニアスを信じています。お互いが自分の最高のアイデアを提供しながら、最高の集合知グループジーニアスが降りてきますように。

press to zoom
1/3

Future's Place Cafe

~未来を創り出す場〜 https://www.facebook.com/groups/fpcafe/
このプレイスは、facebookのグループコミュニティを利用しています。主にアイデアを共有するプレイスです。ひらめきが​、起こったら参加しているみんなに気軽に訊いてみましょう。
違った意見をもらうことで、イメージが加速します。

 

Creative Work
Creative Work

クリエイティブ・ワークには、付箋紙が必要です。

press to zoom
IDEOに学ぶUXprototypeワークショップ
IDEOに学ぶUXprototypeワークショップ

2012年12月22日(土)ホンダカーズ栃木 細谷店にて実施。2つのサービスプロダクトデザインを提供。参加人数10名

press to zoom
IDEOに学ぶHXprototypeワークショップ Vol.02 in
IDEOに学ぶHXprototypeワークショップ Vol.02 in

2013年1月26日(土)IDEOに学ぶHXprototypeワークショップ Vol.02 in Vanilla.エスノグラフィ(行動観察)中。

press to zoom
Creative Work
Creative Work

クリエイティブ・ワークには、付箋紙が必要です。

press to zoom
1/4

IDEOに学ぶHX

Prototype Program

 

HX prototype Workshopとは、ヒューマンエクスペリエンス(人間体験)+プロトタイプ(試し、簡単な失敗)のワークショップ。いわば、多くの失敗を体験できるWS。

このWSは、ユーザーの目線を基づいて、お店や施設をフィールド調査し、改善提案をするプログラム}です。会員となる法人に対して、5〜6時間ほど滞在して行います。

 

オーナーのメリットは、場所を貸すだけで、お店の第一印象をフィードバックしてもらえること。アンケート用紙になかなか書いてもらえない悩みを一つ解決しています。

 

そして、参加者が考えたテスト検証を終えたプロトタイプをもらえるということ。

 

参加者のメリットは、デザイン思考のプロセスを実際のお店の生データを使って、アイデア出しからプロトタイプまでを実践形式で経験ができます。

 

 

IDEOに学ぶHXプロトタイプ・ワークショップ

 

10Charactors

   For innovation

 

HX prototype Workshopでは、イノベーションを起こすためのプロセスを大事にしています。そこで重要なのが、10人のキャラクターです。

 

例えば、人類学者、実験者、花粉の運び手は、アイデア出しの段階で大きな働きをしてくれます。

つづいて、ハードル選手、コラボレーター、エクスペリエンスデザイナーは、プロダクトを創り出す時期に効果的な役割を果たしてくれるかもしれません。

最後の仕上げの段階で能力を発揮してくれるのが、介護人や監督、舞台装置家だったりするかもしれません。

いづれにせよ、一人の天才は必要ないのです。

そう上記の10人のキャラクターが居れば、イノベーションは自ずと起こってきます。

 

WS内では、多様性のあるメンバーがそろうことで、クリエイティビティ(創造性)が加速します。

 

参加される一人ひとりの特性が、融合することで

化学反応を起こし、

​お互いが刺激し合い、より良いものを求めて探求することで、対象となるターゲットを洞察するようにインサイトが現れてきます。

 

ほかでもない「誰かのために」を思考し、テストを繰り返すことで、人とその環境は変化していくのかもしれません。

進化から深化への旅が始まります。